2007年01月30日

ある音を選んで聞く。

MDR-CD900ST
***************
2007.01.28
烈火斬ライブ/遊び場/@DASH-G
バラエティーに富んだ出演者のみなさん、リアクション大のうれしいたくさんのお客さんに、ハッピー度最高で

<セットリスト>
マッチョマン
二丁目のキング
パーフェクトバディ♪

ありがとうございました(^∀^)/~
***************

CDの音質とは
16bit
44.1kHz
という音質で

ある音を
65,536段階(2の16乗)
の音のサンプルで
22.05kHz(44.1/2kHz)までの音がサンプル・記録されているそうです

スタジオレコーディング現場では、DVDやDAT、PCなど多くの場合、
24bit
(なんと1677万段階)
48kHz
(24kHzまでの音)
という高音質で制作します
(最初CDよりいい音って想像できなかったので、音が濃くてびっくりでした)

たとえると、PCやケータイのディスプレイの仕様にもかいてあったりしますが
よく
256色とか65,536色とか1677万色とかありますように
どれぐらい細かく表現できますかと、いうことになります


制作に関しては少しでも贅沢に高音質にいきたいものです


ただ、耳は磨かないと、「音を選んで聞ける耳」になりません


耳はいつもいい音で慣らしていたいので、今でもポータブルはCDウォークマン*レコーディングスタジオで定番のヘッドフォンSONY MDR-CD900STで、曲のすみずみまで楽しみ、あるときは音を観察します。





やっと本題。



iPodなどデジタルオーディオプレイヤーでおなじみの

mp3とAAC(ともに低圧縮最高音質320kbps)



CDの音

の差が




わかりませんでした…。


「どれぐらい音が悪くなるのかな」
ぐらいの気持ちで、

ほとんど毎日聞いている


ASIAN2/Risky


をPC*CD900STで比べてみました。







…?



…。(汗)



違いがわかんない…。


残業…。

まちがえた

残念…。




逆に晴れ晴れ♪

これで心おきなく

携帯性
利便性
汎用性で


iPod♪


デビュー!
(してみたい)


はい、お時間です、ち〜ん(^∀^;)/~
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
めぐりあい出会いまざりあう世界
クロールa.k.a.CRAWL crawlin'

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。