2006年12月27日

暑い。

06-12-24_18-23~00.jpgすでに朝の段階で蒸し暑いです(;´3`A゛
今日は東京最高気温18度の予想ですって。

つい最近までサンタさんが大忙しだったこの年末に…

あったかすぎない??


はい、クロールです。
また気温の話で恐縮ですけど…
温暖化が叫ばれて久しいですけれども…

グリーンランドの氷がとけ、年間0.54ミリメートルずつ、海面が上昇しているらしい。

南極と合わせたらどれぐらいになるのだろう…


詳細はこちらで
:::::::::::::::::::::::::::::::
ニュートン-サイエンス総合情報
http://www.newtonpress.co.jp/
サイエンスニュース
2006年12月11日
:::::::::::::::::::::::::::::::


なんでも


「人工衛星を用いた重力計算から地形の質量を計測」して割り出すらしい。 


!!

重力を測定できるの??その測定値から地形の質量??


すごすぎる!!
(こちらにびっくり感嘆してしまいました。)


宇宙の世界では、というか人一人でも、「重さがある=引力をもつ」らしい。
だから重いものと軽いものが目の前にあったら、とくに重いものの方にわずかに引っ張られる、らしい。
人間サイズで考えると微細も微細なレベルのようですが…。


温暖化に関しては、いろいろいわゆるecoな視点で人間は積極的に努力する必要がある、と思う。
ただ、十把一絡げにというか、頭ごなしに、というか、まるで唯一の原因かのように、人間の活動のせいにするのは、根拠がわからない。

たった6,000年前でも縄文海進とよばれるような、温暖で海岸線が現在と全然違う時代だったし、2〜3万年さかのぼれば、氷河期だったわけで、複雑にいろんな要素が関数になりすぎていて、大変捉えにくいもののはずだと思う。


ただ、目の前の0.54ミリは、まぎれもなく現実で、毎日さしせまる。


今現在は、とても繊細で、複雑に絶妙なバランスで、奇跡的に、地球で人間が繁栄できている、のかもしれない。



ありがたいことで、有り難いことだ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。